フィット 査定

フィットを高値で売る査定方法

フィットは価値の高い車です

小型車というとホンダのフィットをすぐに挙げる人も多いくらいにいまでは小型車の中でも特に人気車となっています。
フィットの登場は2001年ですから、意外と新しい車と思う人もいることでしょう。
当時は軽自動車も発売していましたが、乗用車としてはホンダ車の中ではもっとも小型の排気量も1300ccとして発売されたのです。

 

他社との競合としてはトヨタのヴィッツや日産のマーチが挙げられ、小型車の御三家とも呼ばれていたこともありました。
現在は様々なタイプの車種が販売されていますので、小型車についても細かなカテゴリー分けが難しい時代となりました。
そのような中でも小型車として低燃費と居住性能、走行性能などあらゆる部分で高性能を維持して小型自動車の販売部門では常にトップあるいはトップを競合する地位にいるのです。

 

車両価格が安いために査定額もそれほど伸びませんが、人気車であるため車両価格に応じた査定額としては高い水準にあるといえます。

 

少しでも高い査定額を出したいのであればお勧めはネットの一括査定サイトとなります。
販売店で競合させることで、人気車は需要があるので販売車の事情によってかなり高い査定額を出してくるところもありますから、そこが狙い目となるのです。

 

一括査定サイトを使って競合させる方法

 

一括査定サイトを利用することで一度に沢山の査定を取ることができます。

 

一度に多くの査定を取ることで。どの業者があなたのフィットに高値をつけているかわかります。
査定を比較すると10万円以上査定額が違う業者がいることも多々あるんですよ。

 

また査定をとった業者には一括査定サイトを利用したことがわかっていますから、競合させるにはもってこいです。
大半他社の査定額を聞いてくるので少し高めに伝えるのがポイントです。

 

おすすめの一括査定業者

以下の査定サイトは大手が運営しており、ガリバーアップルなど競合させやすい大手中古車業者も参加しています。
一括査定サイトは複数利用することでよりフィットに関心をもつ業者を見つけやすくなり高値につながりやすくなります。

フィットを査定する際に必要な書類

フィットを査定する際の書類ですが、まず一番に必要なのは自動車検査証です。

 

車にとっては戸籍のようなものですから、まずはこれがないと話になりません。
これによって持ち主や使用者、そして住所などを確認しますし、車の規格が詳細にわかるようになっています。
車検証と同様に持っていることが義務づけられているのが自賠責保険証明書です。

 

これは車検証とある意味、対であることが多いので車検証と一緒のファイルに収められていることが多いです。
他には印鑑登録証明書が必要ですから、査定時には用意するようにしておきましょう。
また、自動車納税証明書が必要になります。直近の納税証明書を用意しましょう。

 

車検の時にも必要になりますから、支払った際は車検証に入れておくと無くすこともないでしょう。
また、住所が車検証と違う場合は住民票の提出が必要となることがあります。
事前に確認して印鑑登録証明書とともに同じタイミングで発行してもらうようにしましょう。
全て揃えておけば一日で手続きは完了します。

 

早ければ即金で口座振り込みということもありますから、振込口座などもメモしておいたらいいでしょう。いずれにしても用意周到に徹して損になることはありません。

 

ホーム RSS購読